給湯器内部の水漏れは自分では修理してはいけません

もし給湯器内で水漏れが起こっても自分で修理してはいけません。ガスを使用する関係上内部の修理を行うには免許が必要だからです。給湯器 修理は業者に依頼しましょう。

■水漏れが起こる原因

原因の1つ目は長期間使用していなかった場合、内部の減圧のために水抜き栓から排出する場合です。通常はお湯を出し続けていって正常に動作すれば問題ありませんが、寒冷地の場合、凍結によってパッキンが破損していることがあるので、念のため業者に確認をお願いして下さい。
2つ目は、7年から10年使用しているとパッキンなどの消耗品が劣化してきます。経年劣化による水漏れは部品を交換するか、給湯器自体を買い換えるまで改善しません。部品があるうちは修理が可能ですが、生産が終了してしまった場合は寿命と考えて買い替えをおすすめします。
最後に新品でも水漏れが起こった場合には、整備不良や初期不良、取付時のミスが考えられますので専門の業者に確認してもらって下さい。

■放置は危険です

多少の水漏れでも正常に作動する場合がありますが、バーナーのそばで起こっていた場合不完全燃焼の原因になります。通常火が消えると安全装置が作動してガスの供給をカットしてくれますが、浸水が電子機器に及んでいた場合、安全装置も故障し不完全燃焼を起こし一酸化炭素が発生します。一酸化炭素は無色無臭で酸素よりも血液中のヘモグロビンと結びつきやすいためいきなり意識を失って死亡に至るケースもあります。ですから水抜き栓以外の場所から少しでも水が漏れていた場合は直ちに専門の業者を読んで修理して下さい。

■まとめ
給湯器の内部では水圧を一定に保つため水抜き栓から余分な水を排出しているので、水抜き栓から漏れているのであれば問題ありません。それ以外の場所からだと非常に危険ですので、業者を呼んで修理して下さい。なお、水抜き線の場所は説明書で確認できますので目を通しておいて下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ