簡単な蛇口の水漏れは自分で修理できます

もし蛇口から水が漏れている場合、大抵は蛇口 交換まで行う必要はありません。単純な蛇口の場合、中にあるパッキンなどの部品を交換するだけで水漏れは修理できます。蛇口の中で一番水漏れが起こりやすい吐水口とハンドルの下からの場合の修理の仕方を説明します。

■ホームセンターで用意するもの

交換に必要な部品はだいたいホームセンターで揃えられます。コマと呼ばれる水量を調節する部品とハンドルの下からの水を抑えるパッキン、コマとハンドルをつなぐスピンドルは変える必要がない場合もあります。一般家庭の水道の蛇口に使用されている部品はほとんど呼び13水栓用、または直径16センチと呼ばれるサイズのものが使用されていますが、念のため必ずサイズを測ってからお店に行くようにしましょう。

■作業の手順

まず水道の元栓を確実に締めて下さい。パーツを外したときに部屋中が水浸しになる可能性があります。次にハンドルを外しますが、古いものだとギザギザのキャップ、比較的新しいものだとねじで止めてありますのでドライバーで外します。そうすると上の軸とカバーハンドルが見えますのでカバーハンドルが六角形の場合はレンチで、丸い場合はプライヤーで取り外します。
この状態で上の軸であるスピンドルがサビなどで汚れている場合は一緒に交換して下さい。スピンドルは回していけば外れますしその時にコマが下に残っても頭の軸部分を引っ張れば簡単に取ることが出来ます。パッキンはカバーナットの裏側にくっついている場合が多いのでこれも取り除きます。
後はコマ、スピンドル、パッキンに付いてきたワッシャー、パッキンの順に入れていってカバーナットを締め、ハンドルを取り付ければ完成です。蛇口が閉まっていることを確認してから元栓を開けて下さい。

■まとめ
このように水道の蛇口のパッキン交換は簡単に行うことが出来ます。部品代もお店によって少しは変動しますが、それほどかかりませんのでいざというときのために1セット常備しておくと急な水漏れでも落ち着いて対処できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ