水漏れの修理で自分でできる場合とプロにお願いする場合

水漏れの修理で自分でできる場合とプロにお願いする場合 水漏れのうち、蛇口や天井などから滴り落ちている場合はすぐに発見できますが見えない所で発生している場合だと知らないうちに水道料金が跳ね上がっていた、なんてことにもなりかねません。また、水漏れの種類にも、蛇口から水が止まらないと言った日曜大工の腕前さえ有れば自分で修理できるものから、配管から水が漏れていると言った水道 修理の業者に依頼する必要があるものまで様々です。そこで水漏れの診断から実際に修理までの流れを説明します。

■まず実際に水が漏れているかどうか調べる

一番わかり易い方法として家にある蛇口を全部閉めて水道のメーターが動いていないか確認する方法があります。家の蛇口を全部閉めて水道が全く使用されていない状態でも水道メーターが動いている場合は壁の中など見えない部分で水が漏れ出しているので早急に専門業者を呼ぶ必要があります。
いつもより水道代が上がっていると思ったら水が漏れていないか確認しましょう。たとえ水が漏れていた場合でも発生した水道料金は居住している人が使用したものとみなされ支払わなければいけませんので、放っておけばそれだけ余分な水道料金を支払うことになります。

■専門業者に任せたほうが良い場合
大掛かりな水漏れの場合は大抵専門の業者に依頼することになります。その中でも床や天井から水が染み出してくる場合は素人では原因の判別すら出来ない場合がほとんどです。そういう場合は自分でなんとかせずに下の階まで被害が及ぶ前に業者に連絡しましょう。水が漏れる原因としては以下のものがあります。
天候の良い時には水漏れがなく、雨が降ったときのみ水が漏れてくる場合には雨漏りが考えられます。経年劣化によって外壁に隙間が空いていたり、屋根の排水設備が劣化してるなどの理由で発生しますので水道工事の業者を呼ぶ前にマンションなら管理会社、住宅なら施工会社に連絡すると良いでしょう。
マンションだと上の階の水回りから漏れ出して下の階の天井から水が滴る場合もあります。上の階の床下に配管が設置されていると上の階の住人は気づかないまま被害が大きくなります。上水道の配管が損傷した場合はきれいな水ですが、下水の配管が損傷していた場合は染み出した水に大量に菌が繁殖していますので早急な対策が必要になります。
住宅の造りや外気温によっては水道管が凍結し、中の水が膨張して破損させる場合もあります。こういった普段見えない部分の水道管や排水管の破損は個人では場所を特定できませんし、壁を剥がしたりと言った大工事になりますので専門の知識と経験のある専門業者に任せると良いでしょう。

■自分でも修繕できる場合

自分でも修繕ができるケースはいくつかありますがその殆どが蛇口周りに関係しています。吐水口やハンドル、壁との接続部分から水が漏れている場合には自分で修理が可能です。
蛇口は最初専門の業者によって取り付けられますのでめったに水が漏れることはありませんが、経年劣化によって約10年ほどで水が漏れてくる場合があります。それくらいの期間が経つと中の部品やパッキンが摩滅してしまうためです。ですので急に水が漏れて慌てて対応するよりも定期的にパッキンを交換することをおすすめします。蛇口の種類は様々あり、漏れてる場所や蛇口のタイプによって修理方法は様々ですが、逆に言えばタイプさえ覚えておけば予め自分でも交換が可能だということです。

■まとめ
水道管の破裂と言った大規模なトラブルの場合には専門業者でないと対処できませんが蛇口からの水漏れと言った小規模なトラブルでしたら自分で修理することも可能です。ドライバーにモンキーレンチかスパナ、交換用パッキンとシールテープさえ用意しておけば日曜大工感覚で修理できますので普段から用意しておくと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース